メディックスでのセミナー・イベントは他とどのような違い・特徴がありましたか?

日常診療に役立ち、すぐにその場で使えるNLPと思います。3分診療でも、十分に使えるスキルが満載されており、上記のコースを履修するうちに、徐々に、スキルアップが図れます。一般向けのNLPでは、スキルに時間がかかりすぎ、日常臨床では、応用が効かないものが多いように思われましたが、メディックスのNLPは、簡単で簡便、スキルを詳細に覚える必要もなく、気軽に受講できました。特に、PCWは、臨床に役立ち、患者さんを一瞬の間に、よい状態に変化させることができました。受講生も医療関係者が多く、相互の交流も図れました。

 メディックスで学ばれたこと・経験されたことで、公私ともに変わったこと、役に立っていることは?

診療が楽になったことです。患者さんの信念価値観が手に取るようにわかるようになりました。自分自身がリラックスして診療することができ、また患者さんの満足度も向上しているようです。

 メディックスのコースをご検討中の方へ一言お願いします。

とにかく、受講して、体験することをお勧めします。その日のうちに、違いがわかり、自分自身を見つめなおし、なおかつ、他人の内面までもわかるようになり、ミスコミュニケーションが無くなります。NLPは本を読んでも理解できないことが多く、とにかく体験しないと学ぶことができません。

 これまでに参加されたメディックスのセミナーやイベントは何ですか?

  • コミュニケーション
  • インターベンション
  • カウンセリングコース
  • アイアクセス
  • プロボケ

 ホームページご紹介

古川医院
http://www3.ocn.ne.jp/~sfuruka/
http://health.yahoo.co.jp/hospital/detail/574850/


高橋千枝 地方公務員(保健師)・岡山県保健所・保健課長

「どんな相談でも恐れることなく対応できるようになりました。そして、格段にスピーディになりました。」



田中 篤 小児科医・長岡赤十字病院小児科部長

「診療の幅を広げることができています。関係を作るのが難しい子どもや親とも少しずつ関係を作れるようになった気がします。」



藤原敬且 医師・医療法人成心会ふじわら医院理事長

「医師のみに必要なテーマに思えますが、実際には、私たちにとって身近に接する疾患です。さらに、がんのセミナーを通過する事で、幻覚・感覚という難しいセミナーと向かい合う事ができます。」



山本聖子 保健師(健康運動指導士・心理相談員)・公益財団法人鹿児島県民総合保健センター 技師長

「『自分も含めて、相手の心の深い部分に触れて、短時間に相手に変化を起こすことができる力を習得できるセミナー』は他にないと思います。」



田辺 恭 東林館高校サポート校Free Schoolあいびぃ代表・児童デイサービスいずみ管理者

「他のセミナーと違ってゆったりと学ぶ事ができます。世界と繋がった学びができます。」



土本 薫 医師(内科・小児科・総合診療) ・医療法人土本医院 土本ファミリークリニック 理事長・院長

「心理精神的問題を持った患者、クライエントの診療時間短縮が可能となりました。」



神まゆみ 薬剤師、メノポーズカウンセラー、NLP臨床健康セラピスト、NLPコーチ、風水コンサルタント、ビーウィズ代表

「スキルが、『狭い診察室・短い診察時間』を想定して作られているので、複雑さを感じません。」

2014年度開催日程