ロンドンNLP会議記念講演会

診察という限られた時間で クライアントに変化を起こすにはどうするか? その診療で使っているノウハウを 日本から世界へ発信しました。 2014年3月、その内容を日本の皆様へもご紹介致します。

 セミナー概要

london_pcwNLPは世界でどのように活かされているのか?
2013年11月にロンドンNLP会議に、世界的に有名なトレーナーが大勢参加する中、メディックスコム(旧、NLPメディックスジャパン)が参加講演を行いました。

メディックスコム代表の河野政樹は現役の小児科専門医、臨床心理士です。現役の医師が臨床で使っているノウハウを提供しているセミナーは世界中を見ても大変珍しい稀なケースなのです。診察という限られた時間でクライアントに変化を起こすにはどうするか?その診療で使っているノウハウを日本から世界へ発信しました。

内容はNLPを使ってがんのケアを行う。そしてネガティブインテンション。陰と陽、プラスとマイナスがあるように、人が生きていく上ではポジティブインテンション(肯定的意図)もあればネガティブインテンションもある。ネガティブインテンションを認めることでその後の人生はどう変わって行くか?それらの内容を日本の皆様へもご紹介致します。

また、2013年に新風を起こしたニック・ケンプ先生のPCW(通称:プロボケ)のご案内も併せて行います。PCWでは日常会話をしていながら相手に変化を起こすスタンスを学びます。NLPでは禁じ手と言うかもしれない「クライアントの話を無視する」「悪いアドバイスを与える」などもこのスタンスの1つです。

メディックスコムの提供するセミナーは医療、福祉、教育に携わる方々が日常でどのようなコニュニケーションを取るのが有効か?そして参加した直後から瞬時に使えるような、より具体的な有効な方法をご提供しています。

参加者からのフィードバック

セミナー風景1. 深い、シンプル、エンパワー、画期的
2. 素晴らしい講師!すぐに本当に役立つ思慮深いアイデアと実習だった。
3. 良くプランされて、とても成功したセッション。
4. 通訳を通してのNLPのデモを見るのも非常に興味深かった。
5. 何と心優しく思いやりあるプレゼンター達!
6. 素晴らしいプレゼンター達とプレゼンテーション。
7. このようなのをもっとやって欲しい。
8. ワオ!とてもシンプルでとても素晴らしい。
9. 内容、コンセプト、多くの状況で簡単に応用できる。
10. 大変引き込まれ、そしてインスピレーションにあふれていた。
11. いかにテクニックが用いられるか、優れた成功例や実例だった。
12. 科学とNLPの驚くべき調和。
13. 新しい観点。ホリスティックなアプローチ。シンプル。すごい。
14. 素晴らしい、興味深い。テクニックのシンプルさが大変良かった。

ロンドンNLP会議記念講演会詳細